クローバーフィールド 続編がついにNetflixで配信スタート!

JJエイブラムスの名前を一躍有名にしたのが、2008年公開されたクローバーフィールド/HAKAISHAです。

クローバーフィールド/HAKAISHAの続編を待ち望んでいるファンは多かったのですが、なかなか続編制作の話は聞かれずもう続編はないかもしれないと諦めの声もチラホラ

そんな中、Netflixで最近公開されたクローバーフィールドパラドックスがあのJJエイブラムスのクローバーフィールド/HAKAISHAの続編がついに見られるんじゃないかと期待が高まっています。

2008年に公開されたクローバーフィールド/HAKAISHAは一言で言えば怪獣ディザスタームービーです。

ホームビデオで撮影した主観映像がSFとは思えないリアルさを生み出しているのが、今までの怪獣映画と違って斬新で観客を映画の中に引きずり込むのに効果的だと思いました。

似たような映像手法を使った映画としてはブレアウィッチ・プロジェクトがありますね。

ブレアウィッチ・プロジェクトはホラー映画というジャンルでしかも低予算ながら全世界で250億円もの興行収入を売り上げた大ヒット映画で、劇場に当時足を運んだ人も多いんじゃないでしょうか。

クローバーフィールド/HAKAISHAもブレアウィッチ・プロジェクトのようなホームビデオで撮影した映像がメインで登場人物たちの恐怖によってカメラが大きくゆれたりします。

クローバーフィールド/HAKAISHAの劇場公開から8年後にクローバーフィールドの名を冠した新作映画『10 クローバーフィールド・レーンが続編』が公開され話題になりました。

10 クローバーフィールド・レーンについて

10 クローバーフィールド・レーンの公開当時、クローバーフィールド/HAKAISHAの続編かと言われていましたが、実際に映画を見てみましたが続編ではありませんでしたね。

宇宙人の侵略によって外界が放射能に汚染されたという真偽が分からない不確かな情報のせいで、主人公たちが地下シェルターに逃げ込むところから物語がスタート

他人同士の3人の奇妙な同居生活は次第にお互いの疑心暗鬼によってだんだん異様な様相を呈し始めます。

まるでソリッドシチュエーションホラーのようなその作風はクローバーフィールド/HAKAISHAとはまた違った恐怖を味わえました。

でもクローバーフィールドの名前がついているとどうしてもJJエイブラムスのクローバーフィールド/HAKAISHAの続編だと期待してしまうので釣られてちょっとがっかりでした。

アマゾンプライムビデオの100円セールでレンタルできたのでお得でしたが、『10 クローバーフィールド・レーン』を劇場で見ていたらきっと後悔していたと思います。

クローバーフィールドパラドックスは2018年年明け早々にNetflixがテレビでバンバンCMを流して、ツイッターなどのSNSでも話題の新作映画の内容がすごい気になっています。

今度こそクローバーフィールドの続編かと映画ファンの間では色々議論が巻き起こっているようです。

僕もネットフリックスは利用しているのでクローバーフィールドパラドックスは週末にでもじっくり楽しもうと思ってます。

またクローバーフィールドパラドックスを見終わったら感想の記事を書こうと思います。

クローバーフィールドパラドックスは本当に続編なのか?

個人的な予想としてはクローバーフィールドパラドックスは続編じゃなく『10 クローバーフィールド・レーン』と同じで『クローバーフィールド/HAKAISHA』とはあまり関係がないような気がしますけどね…

でもクローバーフィールドパラドックスのあの面白そうな予告編を見たらSF映画好きならNetflixに会員登録しちゃうのは間違いないでしょう。

クローバーフィールドパラドックスのCMの断片的な映像を見るとなにやらスライムのような触手状のエイリアンらしき生物が背後から襲いかかろうとする映像が印象的でした。

ちょっと前に公開されたSF映画のライフに似ている気がしました。

ライフはジェイク・ギレンホールやライアン・レイノルズ、真田 広之などの豪華キャストで期待が高まりましたが、ふたを開けてみると低予算で登場人物のアホな行動が酷評されてましたね。

予告編ではライフは斬新な宇宙生物が面白そうで映画館に見に行こうかなと迷いましたが、アマゾンプライムビデオのユーザーレビューを見ていかなくて正解だったなと思いました。

ネットフリックスは良質な独占配信コンテンツの制作に力を入れていて新規会員を増やしています。

ウィル・スミス主演のブライトもネットフリックスのオリジナル作品で制作費に200億円近くかけている超大作です。

すでにブライトは続編の制作も決定していて、これからますますNetflixだけで楽しめる独占コンテンツが増えていきそうです。

僕もブライトは見ましたが、たしかに映像はお金がかかっているだけあってCGとか凄かったですがストーリー的にはイマイチでした。

でも映画としてはちゃんとエンタメ作品に仕上がっていて楽しめたのでブライトの続編に期待ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする