dele 2話で山田孝之が聞いていた音楽の曲名は何?ドラムを叩くノリノリの姿が笑えた!

dele 2話の冒頭で山田孝之演じる圭司がヘッドホンでドラムを叩くフリをしながら机を指で打ち鳴らしノリノリで聞いていた音楽がどの曲なのか気になりますよね。

The Mints(ザミンツ)というdeleのドラマの架空のバンドの曲でした。

The Mintsはガールズバンドで、普段は冷静な山田孝之が“この曲はヤバイ!”と興奮を隠しきれない様子でバンドの説明をするほどのお気に入りの曲です。

もしかしたら山田孝之のThe Mintsのお気に入りの曲を歌っているのはコムアイかもしれませんね。

声の感じが何となくコムアイに似ている気がしました。

菅田将暉がノリノリの山田孝之の真似をしていじるシーンがとても面白かったです。

バカにした表情で“帰ってきたら今度はちゃんとノックするんで”と大きな声で話す田将暉に山田孝之が憮然とした表情を浮かべているシーンはツボでした。

それにしても菅田将暉演じる真柴祐太郎は社交性が高いだけとは思えない魅力があります。

だって普通の人間は山田孝之演じる偏屈そうな見た目と性格の坂上圭司に打ち解けるなんてほとんど無理ですよね。

現に菅田将暉が姉役の麻生久美子に紹介されて弟の山田孝之に助っ人として呼ばれる前にも何人ものスタッフが入ってすぐに止めているわけですから・・・

山田孝之演じる圭司は相当な変わり者だと思います。

でも菅田将暉のおかげで山田孝之の硬く氷に閉ざされた心が少しずつ溶けていくのもdeleのドラマの見どころだと思います。

菅田将暉はリアルの世界でも小栗旬や間宮祥太朗など交友関係が広いので、deleのドラマでも性格に合った役柄で無理してないのでとても演技が自然です。

山田孝之もdeleのドラマではプレステのCMやドラクエ ドラマの勇者ヨシヒコで魅せていたギャグテイストは抑えてシリアスな感じを演じていますが、これはこれでとても似合ってます。

どちらかというとドラマdeleの坂上圭司は闇金ウシジマくんの演技に近いかなと思います。

deleのドラマで山田孝之の新たな魅力が開花するのは間違いないでしょう。

山田孝之の俳優キャリアにとってドラマdeleは大きな転機になるような気がします。

それにしてもなぜ山田孝之(圭司)が車イス生活になったのかの過去の謎も気になりますね。

姉の麻生久美子(舞)もその謎に深くかかわっているような気がしてなりません。

じゃないと自分が代表を務める法律事務所の地下に弟の会社の事務所を使わせようとはならないと思います。

しかもテナント料はおまけしてやってみるみたいですし、弟の圭司にクライアントも紹介している理由もその辺りにありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする