グッドドクター8話 陽翔(はると)兄役は池田優斗!迫真の演技が凄いと話題に!

グッドドクター8話で陽翔(はると)の兄役を演じた子役は池田優斗です。

ネットでは早くも可愛いと話題になっているようです。

それにしても酒井若菜は久々にドラマでみました。

お母さん役がしっくりきていることに驚いちゃましたね。

酒井若菜は最初グラビアアイドルとしてデビューして、見事に女優へと転身しましたね。

はるとの兄役の池田優斗の8話の役どころ

グッドドクター8話で患者となるのは肝臓の病気を持つ早見はると

高山が主治医で抗がん剤治療を受けているが、症状は芳しくなくこのままでは手術が必要な状態だった。

ハルトは治療を頑張ってるから外出したいと瀬戸にお願いするが、

高山は抗がん剤治療の後で、感染症にかかりやすい時期なので許可できないと瀬戸に告げる。

そんな中、はるとの母親が階段から落ちて東堂記念病院に運ばれてしまう

泊まりがけで息子のはるとを看病をしてかなりの疲労がたまっていた様子

母親が死ぬかもしれない危ない目に会ったことに不満を募らせるハルトの兄の翔太(池田優斗)

病室に入るとハルトが瀬戸に

「何で外出できないの?」

と弟のはるとが駄々をこねる姿をみて、

はるとの兄・翔太(池田優斗)は

「わがままばかり言うな!」と感情を爆発させてしまう。

翔太(池田優斗)は弟のはるとが病気のせいで学校を転校させられ、
仲の良かった友だちと離れ離れになり

母親もはるとにつきっきりで家には帰ってこないのでいつもさみしい思いをしていたようです。

それもこれも全て弟が悪いといっつも我慢していた反動が起きてしまいます。

はるとの兄役の池田優斗の“弟ばっかり何で??”とさみしい気持ちを母親にぶつける迫真の演技は素晴らしかったですね。

はるとの兄役の池田優斗はこれまでNHK大河ドラマの西郷どん第1話に幼少期の有村俊斎役で出演しています。

後は「いつかこの恋を思いだしてきっと泣いてしまう」の主人公の幼少期を演じています。

まだ今のところ池田優斗の出演作品はそれほど多くないようです。

でもグッドドクター8話のハルト君のお兄さん役は素晴らしかったので、きっとこれから続々ドラマ出演のオファーが来ると思います。

グッドドクター8話では間宮課長が大活躍

一方の間宮課長は部長クラスのポストを約束されていたのに副院長に裏切られて、病院の近くの屋台でやけ酒ww

最初は間宮課長はただの嫌なヤツだと思っていたのですが、最近は憎めないおっちょこちょいな感じが見ていて面白いです。

8話でもドラマ一番のスーパーな活躍を見せます。

ますます間宮課長の事が好きになってしまいました。

はるとは兄の翔太(池田優斗)に叱られた事を気にしていて、これ以上家族に迷惑をかけたくないと思い病気の症状を隠すようになる。

ところがトイレに駆け込むハルトの姿を見た湊が後を追いかけ洗面台で吐血している姿を発見。

造影CTの再検査の結果、腫瘍を全摘しないと出血で死んでしまうことが判明。

しかし高宮先生は他の患者の手術中で手が離せない状況。

そこで湊が間宮課長にはると君を手術して欲しいと説得する。

自信が無いと渋る間宮課長に対して、

湊は間宮課長が以前、プリングルの術式で肝臓破裂の患者を救っている事実を話し、

“間宮課長なら救える”と自信を与えます。

湊はハルトの母親の香織(酒井若菜)にも間宮課長ははると君と似たケースの手術を20件成功させているとても優秀なお医者さんですといって安心させます。

湊は急いでハルトの兄の翔太に容体が急変したと連絡するも切られてしまう。

そして肝臓の腫瘍の摘出手術を開始。

なんとか無事手術を成功させる。

手術が終わった後に看護師にぶつかってずっこける間宮課長の姿は笑わせてもらいました。

そてにしても湊の名言はいつも心に突き刺さりますね。

健康でお互いの事を考えない家族よりも
病気でもお互いを想い会える家族のほうが羨ましいです。

という湊の言葉はジーンと心にしみわたりました。

小児外科病棟のみんなを巻き込んでく湊はやっぱり最高ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする