Netflixのマーベルドラマ時系列と最新情報はこちら!もう見る順番で迷わない

今回はNetflixマーベルドラマがどういった時系列になっているのか最新情報をまとめてみました。

Netflixで配信中のMarvelドラマを見たくても仕事で忙しくて、なかなか集中して見る時間が無いという人も多いと思います。

たまの休日にいざ見ようとしてもどの作品から見ればいいのか迷ってしまいますよね。

どうせ見るなら面白いMarvelドラマだけ見たいけど、どれが面白いか分からない・・・

そこでNetflixマーベルドラマを全作品見てきた自分が、NetflixオリジナルシリーズのMarvelドラマで、これだけ見ておけばOKというハズレなしの作品を時系列順で紹介していきたいと思います。

時系列通りに見ていくことで作品同士の関連性も分かったりして作品を数倍楽しめます。

だって最後まで面白くなるかどうか分からないドラマを見続けるほど苦痛なことありませんからね。

ネトフリMarvelドラマの時系列【最新情報】

Netflixで一番最初に配信されたMarvelドラマがデアデビルです。

それからジェシカ・ジョーンズが続きます。

Netflixオリジナルのマーベルドラマで押さえておくべき作品を時系列で並べると見る順番は以下のようになります。

    • デアデビルシーズン1
    • ジェシカ・ジョーンズシーズン1
    • デアデビルシーズン2
    • ルーク・ケイジシーズン1
    • ザ・ディフェンダーズ
    • パニッシャーシーズン1
    • (ジェシカ・ジョーンズシーズン2)
    • (ルーク・ケイジシーズン2)
    • アイアン・フィストシーズン2
    • デアデビルシーズン3
    • (パニッシャーシーズン2がもうすぐ配信開始)

この順番でNetflixマーベルドラマを見れば間違いないと思います。

カッコ内の作品は見なくて基本OKです。

ジェシカ・ジョーンズシーズン2やアイアン・フィストシーズン1はカッコ内にありますが、正直見ても時間を無駄にする可能性が高いのでおすすめしません。

特にアイアン・フィストシーズン1は絶対に見ないほうがいいと思います。

主人公のダニーランドがどうしようもなく全く共感できる部分が無いからです。

カッコ内の作品を除いても8作品あるので、これでも多いと思う場合は最低限デアデビル3部作とパニッシャーの4作品だけ見ても十分にNetflixオリジナルのMarvelドラマの魅力は堪能できると思います。

デアデビルシーズン1とシーズン2を見た後にパニッシャーシーズン1を最低限見ておけばもうすぐ配信予定のパニッシャーシーズン2を最大限楽しめると思います。

Marvelドラマ最新作『パニッシャーシーズン2』の配信はいつ?

NetflixオリジナルシリーズのMarvelドラマの最新情報としては「パニッシャーシーズン2」が新年早々すでに配信されることが決まっています。

パニッシャーはシーズン1があまりにも面白すぎたのでなかなかそれを超えてくるのは難しいと思いますが期待は膨らみますね。

パニッシャーがNetflixマーベルドラマに初めて登場したのはデアデビルシーズン2の時で、

マット・マードックの前に立ちはだかる強敵として抜群の存在感を放ちスピンオフでシリーズ化して欲しいな~と思っていたらすぐにNetflixでパニッシャーが単体ドラマ化されて高い評価と口コミの数々で一躍、Marvelドラマの人気キャラに躍り出ました。

そんな新作ドラマパニッシャー2は最新情報では2019年早々に配信が決定しているので、今から凄い楽しみです。

個人的にはパニッシャーの映画作品も大好きで、2004年公開のトーマス・ジェーンが主人公のフランク・キャッスルを演じた作品が中でも一番面白かったですね。

パニッシャーの敵役のハワード・セイントを演じたジョン・トラボルタも最高でしたね。

ジョン・トラボルタはこの頃が全盛期で「閉ざされた森」や「ソードフィッシュ」などヒット作品を連発したいました。

反対に2008年に公開された「パニッシャー: ウォー・ゾー」はイマイチでしたね。

パニッシャー役の俳優もトーマス・ジェーンと比較するとあまりカッコ良くなくて、完全なB級映画になり下がってしまったな~と思った記憶があります。

Marvelファンから賛否両論のデアデビル3

デアデビルシーズン3は今までのデアデビル作品とはかなり毛色が違うので、最初は見ていて戸惑いました。

簡単に言えばマットマードックがかなり嫌な奴になってたんです(笑)

誰にも心を開かない荒んだ生活で、自分の事を想ってくれているフォギーやカレンも自ら遠ざけて関係を切ろうとします。

もともと自分から他人に対して心をろ開くタイプじゃありませんでしたが、シーズン3では輪をかけて自分の殻に閉じこもってしまいます。

いくらフォギーやカレンの事をフィスクの危険から遠ざける為とは言え、あんなに強引なやり方ではフォギーたちも納得できないでしょうし逆にますます深入りさせてしまう危険性があります。

またそんな荒んだ心に支配されたマットはザ・ディフェンダーズの闘いのダメージが残っているにもかかわらず無謀な行動ばかり起こして、6話ではデックスにコテンパンにやられてしまいます。

これをみたらもうデアデビルとしての活動は無理じゃないかと正直思ってしまいました。

それでもなおマットはヘルズキッチンの守護者としての役割を止める気はなく負けから這い上がろうともがきます。

その姿はまさに映画「ロッキー・ザ・ファイナル」のスタローンの姿と重なって見えました。

このようにデアデビルシーズン3は一度どん底に落ちたヒーローのカムバックを描いたシーズンになっています。

マットが本当にニューヨーク・ヘルズキッチンの街を守るダークヒーローとして復活できるのかどうかは本編でどうぞ。

デアデビル3は主人公マットのダークな部分がよりいままでのシリーズよりもかなり顕著に描かれていて、綺麗な部分だけではない正義の闇の部分にフォーカスした作品になっています。

個人的な感想としてはあそこまでボロボロになってしまうマットマードックの惨めな姿はあまり見たくなかったですね。

Netflixマーベルドラマの今後は?

Netflixオリジナルのマーベル作品はデアデビルやパニッシャーなど数多くのキラーコンテンツを生み出しました。

中にはつまらない作品もありましたが、デアデビルは間違いなく名作だと思います。

ところがつい先日、デアデビルの打ち切りがNetflixで決定してしまいました。

すでにアイアンフィストとルークケイジの打ち切りも決まっていたため、これでNetflixのマーベルドラマはほぼ壊滅状態ですね。

ということでNetflixで新しくデアデビルが制作されることはもうありませんが、また別の形で新たなデアデビルの続編が見れる日を楽しみにしています。

個人的にはアイアンフィストシーズン2で初登場したメアリー・ウォーカーの単体ドラマやスピンオフ作品も見たかったですけどね。

あとパニッシャーは他のマーベルドラマとはNetflixとの契約が異なっているみたいなので、唯一今後も続編が制作される可能性が残されている作品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする