タイタンズ〈Netflix〉全話のあらすじ・感想をネタバレ評価!

DCタイタンズがNetflixで配信されて全話見ましたが、やっぱり前評判通りすっごい面白かったです。

とにかく映像のクオリティがドラマとは思えないほど高く、相当制作費にお金がかかっているだろうな~と思ってずっと最終話まで見てました。

また単純にストーリー的には王道のアメコミという感じで、Netflixで以前から配信されているMarvelデアデビルと比べて面白さという点でそんなに差はありませんでした。

でもNetflixタイタンズの登場人物がとても魅力的なので、ロビンやレイブンといったキャラのファンになってドラマの続きを見てしまうパターンが
けっこう多かったですね。

なんせタイタンズのドラマはあのバットマンやスーパーマンの映画で有名なDCコミックが、

アメリカ限定でストリーミング事業を展開しているDCユニバースという
動画配信サービスで独占配信されている主力コンテンツなので、面白くないわけがないんですけどね。

早くもシーズン2の制作は決定しているので、今後Netflixでいつ配信が始まるのか最新情報が分かり次第、当ブログでも紹介していこうと思います。

DCタイタンズ作品概要

Netflixの目玉コンテンツ・タイタンズはDCコミックスのティーンタイタンズが原作の海外ドラマです。

原作コミックではティーンというタイトル通り登場キャラが全員10代のティーンエイジャーですが、

ドラマ版のDCタイタンズはティーンが外れているせいか登場キャラはロビンなどの20代のキャラも登場します。

DCタイタンズの物語のおおまかな流れとしてはレイブンこと主人公のレイチェルがディックやガー、コリーら仲間たちと一緒に自分の中に宿る闇の力を利用せんとするトラインゴンの組織の連中と戦うというのが大筋です。

レイチェルがダークサイドに堕ちてしまうと何が起きるのかというと簡単に説明すると地球が滅亡してしまいます。

そこにはレイチェル(レイブン)の父親であるトライゴンが大きく関係してきます。

トライゴンは部下を使ってレイチェルを悪の側に引きずり込むことで、自身が閉じ込められている異次元空間から脱出をもくろみます。

トライゴンは異次元空間に閉じ込められた状態のままでは娘のレイチェルに限定的な力しか及ぼせません。

娘のレイチェルが自分の事を完全に受け入れた時に初めて、彼女を扉にして地上へと降臨することができるので、あの手この手でレイチェル(レイブン)が自分の力を頼るように仕向けます。

そして地上に降臨した暁には、トライゴンは手始めとしてまずは地球を破滅させてから、次にコリーアンダースの故郷である惑星タマランを破壊、ゆくゆくは全宇宙の世界を滅ぼそう狙っています。

それを察知したタマラン星の王女であるスターファイヤーことコリーアンダースがトライゴンを食い止めるために地球にやってきたわけですね。

しかし当初、コリーは宇宙船の墜落の衝撃で記憶の一部を失っていて、自分が何者なのかも分からない状態で混乱しますが、

ディックたちと共に闘ううちに徐々に記憶を取り戻していき、トライゴン実体化の鍵であるレイチェルを確保するという任務を思い出していきます。

タイタンズ・シーズン1の最終話ではついにトライゴンが異次元を脱出して地上に降臨、

レイチェルの心を破壊するためにロビンであるディック・グレイソンを心の闇に付け込んで味方に引き入れる事に成功します。

シーズン2ではあの後にディックやドナ・トロン、コリアンダーがどうなってしまったのかとても気になります。

あと2代目ロビンのジェイソントッドがどこにいるのかも心配な点です。

タイタンズ・シーズン1の最終話のディックの悪夢の中ではジェイソンは車椅子姿になってましたが、現実ではそんな大けがはしてないはずなので、きっとどこかのタイミングでディックを助けに来ると思います。

全話ネタバレまとめ

ここからはDCタイタンズの全話のあらすじについて簡単に紹介していきます。

Netflixタイタンズを見て気になった点や見どころについてまとめているので、前回見た話の内容を忘れてしまった場合の復習としても使えると思います。

1話ごとの詳しいネタバレやあらすじの内容については各話の個別ページにて解説しているので、リンクからどうぞ。

1話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ1話では主人公のレイチェル(レイブン)とロビンのディック、スターファイヤーのコリーアンダースの3人のキャラが登場します。

レイブンことレイチェルは不思議な力を持つ少女で、その力が原因でいつも悪夢にうなされる毎日を送っています。

ところがある日、レイチェル(レイブン)の母親が何者かに殺されてしまい、怖くなて街を逃げ出したレイチェルはディックのいるデトロイト市警に辿りつきます。

そこで悪夢の話をしてディックに助けてほしいと頼みますが、家出少女の話を半信半疑で聞いていたディックはすぐにはレイチェルの話が信じられず対応が後手に回ってしいます。

そのせいでレイチェル(レイブン)の身に危険が迫り、警察官を装った謎の男がデトロイト警察の取調べ室に侵入して彼女は拉致されてしまいます。

タイタンズ1話のあらすじ・感想はこちら!

2話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズの第2話ではホーク&ダブのコンビが登場します。

他にも2話ではロビンの過去も描かれバットマンのサイドキックとしてゴッサムの街を守っていた頃にホーク&ダブと知り合い共に戦う姿が描かれます。

ディックは保護したレイチェルが警察の手では守りきれないと判断し、昔の仲間を頼ります。

車でレイチェルを連れて向かったのはホーク&ダブの隠れ家。

ホーク&ダブは普段はハンクとドーンとして普通の生活し夜は悪党と戦う正義のヒーロー。

2人は付き合っていて、いずれはヒーロー稼業を引退して普通の生活を夢見ていますが、現実はなかなか厳しい状況で本人たちも理想と現実の狭間で日々葛藤している様子。

ディックはホーク&ダブならレイチェルを守れると思い当分の間、彼女を匿ってもらおうと考えます。

レイチェルにはその事実は伏せていましたが、のちのとその事が大きな火種を生んでしまいます。

また2話ではレイチェルの命を狙う謎の殺し屋ファミリーも登場して、ディックたちは大ピンチに陥ります。

タイタンズ2話のあらすじ・感想はこちら!

3話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ3話ではコリーアンダースの正体が少しだけ明らかになります。

また15年前のディックの子供時代の回想シーンではディックの両親が死亡した事件が急展開を迎えます。

警察の捜査で実はあれは事故ではなく殺人である疑いが濃厚になり、ディックはその事実にショックを受けます。

またディックの里親としてバットマンのブルースウェインが名前だけですがドラマに初登場します。

ディックは両親の事件がきっかけでブルースウェインに引き取られそこでバットマンの正体がブルースだと分かり、彼に導かれていきます。

ゴッサムシティでバットマンの相棒のロビンとして一躍ヒーローになりますが、そのせいでディックは少しずつ暴力的な人格になっていき、そんな自分に対して苦しむ事になります。

あとタイタンズ第3話では原作にいた4人目の登場人物であるビースト・ボーイのガーフィールド・ローガンが登場します。

タイタンズ3話のあらすじ・感想はこちら!

4話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ4話ではビーストボーイの仲間のドゥームパトロールというヒーローチームが登場します。

彼らは世間には受け入れられない外見をしているので、森の中でひっそり暮らしていてガーとリーダーの博士以外は外出するともできません。

そんな彼らとレイチェルが心を通わすシーンはなかなか面白かったです。

前回、聖パウロ教会のシスターに地下室に監禁されてしまったレイチェルは己に宿る闇の力を解放して大爆発を起こし地下室から脱出します。

まさかこれほどの力の持っていたとはレイチェル(レイブン)の出生の秘密を知っているシスターですら想像すらしていたかったみたいですね。

そして森へと逃げ込んだレイチェルはビーストボーイのガーフィールドと出会い行動を共にすることにします。

しばらく一緒に森の中をさまよい歩いているとボロボロの小屋を発見し、そこで休んでいると大きな銃声が響き渡ります。

急いで銃声がした方向へと向かうレイチェルとガーですが、タチの悪いハンターと遭遇してトラブルになります。

タイタンズ4話のあらすじ・感想はこちら!

5話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ5話でようやく勢ぞろいしたタイタンズチーム。

ディックが今後、レイチェル(レイブン)を狙って襲撃してくる敵への対抗策として、戦闘で連携を強化する訓練をしようと提案します。

ディックたちはモーテルから人気のない倉庫に移動し、まずはお互いの能力を見せ合う事にします。

しかしレイチェルがみんなに能力を披露すると、場の空気は一変します。

この世のものとは思えないレイチェルの異質で禍々しい力を前にディックたちは恐怖を覚えます。

案の定、レイチェルは力をコントロールできずに、暴走してしまい周囲にいたディックたちは身の危険を感じます。

その時、コリーがレイチェルが吐き出した暗黒物質に向かって爆炎を放射してなんとかレイチェルの力を抑え込みますが…

タイタンズ5話のあらすじ・感想はこちら!

6話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ6話では2代目ロビンのジェイソン・トッドが登場します!

前回の5話ではモーテルに襲撃にきた暗殺一家の乗ってきた車から雇い主に繋がる情報を得たディックは黒幕のドクターアダムソンのペントハウスを突き止めることに成功します。

コリーにレイチェルたちの護衛を頼み、ディックは単身で親玉のドクターアダムソンのねぐらに単身で乗り込みます。

しかし敵の方が一枚上手で、敵の手に墜ちた事を知った組織が特殊部隊を送り込みドクターアダムソンもろともディックを始末しようとします。

多勢に無勢で敵の特殊部隊に取り囲まれ寄ってたかってボコボコに殴られてしまいます。

このままやられるかと思いきやそこにマスクをしてロビンのコスチュームを身にまとった2代目ロビンが現れディックを助けます。

しかしディックは2代目ロビンのジェイソンからある事件の証拠を魅せられ、そこに写っていた犠牲者の顔を見て驚愕してしまいます。

そこには子供時代に家族のような親しい関係だったヘイリーズサーカス団のメンバーの無残な姿が写っていたのです。

タイタンズ6話のあらすじ・感想はこちら!

7話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ7話ではレイチェルの本当の母親が生きている事が判明します。

さっそくレイチェルはママを助けに行こうとディックたちに話しますが、敵の罠である可能性もあるので慎重に行動するべきだとレイチェルを諭します。

しかし母親の身に危険が迫っているかもしれないとレイチェルはディックたちに黙って敵の本拠地にガーと乗り込む計画を立てます。

案の定、簡単に敵のセキュリティに引っ掛かりレイチェルとガーフィールドは拘束されてしまいます。

ディックとコリーもレイチェルの後を追って施設に忍び込みますが、事前に侵入経路が敵側にバレてしまっていて、あえなくディックたちも拘束されてしまいます。

そしてディックたちはマッドサイエンティストの恐ろしい拷問を受けることになります。

タイタンズ7話のあらすじ・感想はこちら!

8話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ8話ではついにコリー・アンダースの正体が明らかになります。

さらに8話ではアマゾン族のワンダーウーマンのサイドキックであるワンダーガールが登場します。

彼女の名前はドナトロイで人間をはるかに超える身体能力を持っていて、生身の人間とは思えない跳躍力や怪力の持ち主です。

そのワンダーガールのドナがディックのスマホに入っていた古代文字の写真を見て、コリーの正体がタマラン星の女王で、レイチェルが
世界を破壊するのを食い止める為に地球にやってきた事を突き止めます。

その頃、記憶喪失だったコリーはレイチェルの提案で治療を試みますが、予期せぬ真実に混乱したコリーが暴走して…

タイタンズ8話のあらすじ・感想はこちら!

9話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ9話ではホーク&ダブ結成の秘密が判明します。

ハンクは昔大学のアメフトチームのスター選手で、このままいけばプロ契約も夢ではありませんでしたが、

怪我をきっかけに学内での荒れた行動が目立つようになりある日ついに大問題を起こし大学を退学になってしまいます。

そこで弟のドニーの提案で、街に住んでいる性犯罪者の住所を調べこれ以上犠牲になる子供を増やさないように自分たちで制裁を加えようと考えます。

マスクを被り正体を隠して兄のハンクがホーク、弟のドニーがダブとしてビジランテ活動を始めます。

タイタンズ9話のあらすじ・感想はこちら!

10話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ10話ではレイチェル(レイブン)を狙う組織を率いる敵のボスの正体がレイチェルの父親のトライゴンである事が明らかになります。

ドナトロイの話によればトライゴンは闇の帝王として絶大な力を持っていて、過去に何度も世界を滅ぼそうとして異次元空間に封印されていることが分かります。

コリアンダーは故郷の惑星タマランがトライゴンに破壊される未来を予言で知って、何としても復活を阻止するために娘のレイチェルを探しに地球にやってきたというわけです。

トライゴンが世界を破壊するためには異次元と地球を繋ぐ扉となるレイチェル(レイブン)に闇の力の存在を受け入れてもらう必要があるため、レイチェルの命を何度も危険にさらし力を使わせようと仕向けます。

そしてついにレイチェルはガーの命が危険な状態でやむなく父親に助けを求めてしまい、トライゴンが地上に降臨してしまいます。

タイタンズ10話のあらすじ・感想はこちら!

11話あらすじネタバレ

Netflix×DCタイタンズ最終話の11話ではレイチェルを助けようとアンジェラの家に向かったディックとドナでしたが、

既に手遅れでトライゴンが復活してしまっている事に気づきます。

アンジェラの家に到着したディックたちは建物の周囲の空間が歪みトライゴンの力で見えなくなってしまっている異様な状況に驚きつつもレイチェルを助けるためにディックは空間の中へと飛び込みます。

しかしそれはトライゴンの罠でディックは悪夢の中に迷い込んでしまいます。

悪夢の中ではバットマンが大切な人が次々に自分の前から去っていったことで正気を失いゴッサムの街を恐怖に陥れます。

バットマンを止められるのはロビンであるディックだけだと周りに説得され、ゴッサムの街に向かいますがトライゴンが仕組んだ夢のシナリオに最初からハッピーエンドは無く絶望の底に突き落とされてしまいます。

タイタンズ11話のあらすじ・感想はこちら!

DCタイタンズを全話を見た感想

DCタイタンズ全話をNetflixで見た感想は最近見た感がいドラマの中ではダントツに面白かったです。

2019年のNetflix作品の中で間違いなくトップ5に入る人気の海外ドラマ作品になると思います。

DCユニバース作品が日本でもNetflixで見れるなんて海外ドラマやアメコミ大好きの身としてはとってもありがたいですね。

シーズン2ではレイブンのレイチェルが今後どうなっていくのかが気になりますね。

あのままレイチェル(レイブン)が父親のトライゴンの言いなりになって闇の力に取り込まれてしまったら世界は滅亡してしまうので、それを阻止するにはレイチェルが正しい心を持ち続けられるかが鍵ですね。

今のところディックがレイチェルを救えるたった一人の存在ですが、最終話でトライゴンに心の弱みを突かれ残念ながら悪に染められしまいました。

でもディック・グレイソンは精神的にとてもタフなので、まだ完全には心を悪に取り込まれてはいないでしょう。

きっとなにかのキッカケでディックは正気を取り戻しドナやコリーと一緒にレイチェルを助けだすというのが。

その後にレイチェルはドナが話していた戦士としての修行をすることになるんだと思います。

世界を破滅させようと目論むトラインゴンを倒せるのは彼の娘であるレイチェルだけなので、シーズン2ではどうやってレイチェルがその試練を乗り越えていくのか楽しみです。

レイチェル(レイブン)が試練を乗り越える為には周りの助けが無いと絶対に子供の彼女だけでは無理なので、レイチェルが一番信頼しているディックができるだけ彼女の近くで支えていけるかが重要だと思います。

でもディックは肝心な時にレイチェルを見捨てた過去があるので、一筋縄ではいかないと思います。

あとロビンがどうやってナイトウィングになっていくのかもシーズン2で楽しみな点ですね。

タイタンズ・シーズン1の終盤ではロビンのスーツが燃えてしまうシーンがあり、今後もうディックはロビンとして活動しないような事を言っていたので、とすれば次は当然ナイトウィングとして闘っていく事が予想されます。

まとめ

DCタイタンズ・シーズン1のラスボスとして登場したトライゴン。

彼が何者なのかまだほとんど情報がないので、どこからやってきてなぜそれほど世界を滅亡させたいのか気になりますね。

またトライゴンが過去に異次元空間に閉じ込められた経緯もシーズン2では回想シーンでもいいので描いてほしいな~と思います。

一体だれがトライゴンほどの力を持つ悪魔を異次元に封印できたのか?

やっぱり相当なスーパーパワーを持ったヒーローと考えるのが妥当です。

そうなるとパッと思いつくのはやっぱりスーパーマンやグリーンランタン、ワンダーウーマンあたりですね。

もちろんDCコミックスの原作を読んでいればトライゴンのキャラ設定は分かるんでしょうけど、そういった予備知識が無くても楽しめるドラマになればシーズン2ではもっと面白い作品になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする