タイタンズNetflixドラマ第5話ネタバレ|ついに黒幕の正体が判明?

Netflixタイタンズ5話ではディックたちがお互いの能力を共有して連携する事でレイチェルを狙う敵に立ち向かおうとします。

また組織がレイチェルを狙う本当の理由についても少しだけ明らかになります。

タイタンズ5話ではついにレイチェルやコリーにディック・グレイソンの正体があのロビンだという事がバレてしまいます。

ガーのはしゃぐ姿から分かる通りロビンはゴッサムシティの悪と戦うヒーローとして伝説的な存在のようですね。

今回の記事ではタイタンズ5話を見て気になった点やあらすじをネタバレしつつ感想も交えて考察していきたいと思います。

なのでNetflixでタイタンズ5話をまだ見てない人は注意してくださいね。

5話あらすじ感想【ネタバレあり】

Netflixタイタンズ弟5話「生きるための同盟」ではディック達が来るべき脅威に備えるために本格的な戦闘訓練を始めます。

さらにレイチェルを狙う実行役のソシオパスファミリーのボスであるドクター・アダムソンがタイタンズ5話でついに本格的に動き出します。

冒頭では何やらドクター・アダムソンが部下からプロジェクトの遅れを報告されていらついている様子。

何やらドクター・アダムソンの研究室で問題が発生したらしく作業の進捗の遅れは許されない状況の今、アダムソンは直接研究室に出向きます。

一方のディックたちはモーテルで休憩することにします。

ビースト・ボーイのガーはディックになんでポルシェ売ってまでこんなボロいミニバンを買ったんだと非難します。

たしかに僕も絶対にポルシェ911は売らない方が良かったと思います。

余りにもボロい場末のモーテルといった感じの外観を見てコリー・アンダースは他のところにしようと提案しますが、

ディックは今は敵に追われている状況で贅沢いうなとぴしゃりとはねつけますw

タイタンズチームの戦闘訓練開始

安モーテルの部屋で一息つくとディックはレイチェルを狙う連中と闘うには自分たちもお互いに連携する必要があると仲間たちに訴えます。

ソシオパス一家はイカれてますが闘い方が洗練されていてこのままではディックたちタイタンズチームに勝ち目がないのは視聴者が見ても明らかです。

スターファイヤーのコリーやビースト・ボーイのガーフィールドもディック(ロビン)の提案に対しては“あいつらの闘いぶりは凄かった”と賛同します。

そしてすぐさま人気のない倉庫で戦闘訓練を始めます。

まずはタイタンズのメンバーそれぞれどんな能力を持っているのか実際に能力を発動して互いに見せ合うことにします。

最初はコリー(スターファイヤー)が熱と光を操れる能力をタイタンズチームの前で発動して倉庫内のトラクターに炎を放射します。

ところが狙いを外して壁に穴を空けてしまいます。

ちょっと訓練が必要ねとばつが悪そうなコリーw

どうやらコリー・アンダースの力の源は太陽みたいですね。

次にビースト・ボーイのガーがみんなの前にトラに変身してみせます。

ビースト・ボーイの能力を知らなかったディックはいきなりトラが現れて腰を抜かしそうになります。

それからレイチェルが能力を見せる番になりますが、みんなを傷つけるかもしれないからと拒否しますが、

ディックに“恐れるな力は君の一部だ”と説得されてみんなの前で能力を見せる事にします。

レイチェルの顔が悪魔のように変化し口からドス黒い大量の煙を吐き出す不気味な姿を見て唖然とするディックやガー、コリーの3人

レイチェルの力って本当に禍々しいですよね。

悪い予感は的中して、レイチェルの邪悪な力が暴走しそうになりますが、コリー・アンダースが黒い煙に向かって炎を放射することで暴走を止めることに成功します。

レイチェルが力をコントロールできるようになるにはまだ当分時間がかかりそうです。

最後にディックもロビンとしての力を見せるのかと思いましたが、この時点ではまだレイチェルたちには自分の秘密を喋りません。

ビースト・ボーイのガーフィールドはディックにも力を見せるように催促します。

しかしディックはみんなを守れるとだけ答え自分の能力をみんなに見せようとはしませんでした。

ソシオパスファミリーは洗脳されていた!

イリノイ州リンウッドにあるアグニュース精神病院

ドクターアダムソンが被験者の洗脳プロセスの進行具合を現場の責任者からヒアリング

遅れを取り戻す為にもっとスピードを上げるように責任者に指示を出します。

ドクターアダムソンはこの施設で行われている洗脳プログラムの実験に莫大な金額を投資しているようで、レイチェルを誘拐しようとしたソシオパス一家もこの施設で生まれたようです。

前回、コリー・アンダースのスターファイヤーの能力でソシオパス一家の父親の役割を演じていた男性が黒コゲにされてしまったので、

ドクターアダムソンはレイチェル奪還の任務を遂行するためにあの実行部隊のファミリーに新しく人員を補充する必要があったというわけですね。

それから間もなくしてあのソシオパスファミリーのもとに新しい父親がタクシーでやってきます。

すでに組織から連絡を受けていた母親役の女性はその男性を家の玄関で何の抵抗も無くパパと受け入れます。

このシーンは話の流れを知らない人が見たらかなり異様な光景だと思います(笑)

息子役の少年は“新しい母さんも欲しいな”とブラックジョークを飛ばします。

早くも父親役の男性はやる気満々で次こそは絶対に任務を成功させようと意気込みます。

さっそく手掛かりを追ってディックがポルシェを売った中古車販売店に向かいます。

ソシオパスファミリーは到着すると店主にポルシェを売った人間が誰なのか情報を引き出そうとします。

さらに前の所有者の居場所も知りたいと不審な質問を繰り返すお客に中古車店のオーナーは客じゃないなら帰ってくれといいますが、

もちろんそれで引き下がるようなソシオパスファミリーではありません。

その後は想像通り力づくでディックの情報を引き出します。

レイチェルは世界の破壊者それとも救世主?

モーテルでは先ほどの戦闘訓練で動揺したレイチェルの事を心配したガーフィールドが“さっきは怖かったんじゃない?”と彼女を気遣います。

レイチェルは大丈夫よとだけ答え、話題を変えてガーに変身している時はどんな気分なのか尋ねます。

ガーフィールドはトラに変身している時は全身から力がみなぎってきてジャンプしたり物を壊したくなったりして完全に自由な気分だと話します。

その2人の様子を見たディックはレイチェルが楽しそうだと安心します。

しかしコリーはレイチェルの力は危険だと警戒している様子。

ディックはなぜあの一家がレイチェルを狙っているのか考えます。

コリーは例の予言と関係している気がすると推測

レイチェルは世界の破壊者なのか?

それとも救世主なのか?

どちらにしても敵は本気で命を狙ってくるので、レイチェルとガーは闘って生き延びる術を学ぶべきだとコリーが主張します。

しかしディックは闘いに身を投じれば後戻りできなくなるとコリーの考えには反対の様子

そこには自分の今までの体験が深く関係しているみたいです。

やっぱりディックはバットマンの相棒だった頃に暴力で何でも解決しようとするブルースウェインの悪い影響を受けすぎたってことですかね。

ディックのロビンの時の闘い方を見れば暴力に対して歯止めが効かなくなっているみたいなので、マスクやコスチュームの存在が暴力の罪悪感を薄めているのは確かだと思います。

その夜、ソシオパス一家がついにディックたちの居所を突き止めディックの部屋に襲撃してきます

ディックは不意をつかれ防戦一方のまま態勢を立て直すことができず、部屋の窓に投げつけられてそのまま外に駐車された車の上に落下してしまいます。

レイチェルの部屋にも敵が襲ってきて、ちょどそこにいたコリー・アンダースが敵を引きつけている隙にガーがレイチェルをつれて外に逃がします。

ついにレイチェルを狙う黒幕の正体が判明?

夜で太陽の力が使えないコリー(スターファイヤー)は苦戦を強いられますが、次の瞬間突然発煙筒の煙が辺りに充満します。

そこへディックがロビンの姿でカッコ良く登場。

ロビンの姿を見て唖然とするレイチェルとガーフィールド

ガーフィールドはすぐにディックの姿がゴッサムシティの正義のヒーローのロビンだと気づきます

もうそこからは圧倒的な強さでロビンがソシオパスファミリーの全員を相手に終始優勢で闘いを進めます

形勢逆転のチャンスを逃すまいとビースト・ボーイのガーフィールドもトラに変身して闘いに加勢します。

さらにレイチェルも闇の力を発現させ黒い煙でソシオパスファミリーの娘役の少女を吹き飛ばしタイタンズチームが勝利します。

モーテルの一室にレイチェルを狙う実行部隊のファミリー全員を拘束。

ディックは彼らにレイチェルを狙う理由を尋ねます。

すると母親役の女性が“ある人”の下にレイチェルを届けるのが目的だと答えます。

なぜわたしを狙うのと聞くレイチェルに一緒に来ないとマズいことになるぞと何やら意味深な様子。

“みんなのためにも”とはどういう意味なんですかね?

やはりレイチェルは世界の破壊者という事なんでしょうか…

コリーはファミリーの雇い主が誰なのか力ずくで聞き出そうとしますが、ディックがソシオパス一家の異様な目つきを見て彼らが洗脳されている事に気づきます。

モーテルの外の駐車場に停めてあったファミリーの車の中で、

何か組織に繋がる情報がないかディックが探していると、レイチェルがやってきます。

“ロビンだったんだ?”と聞かれロビンの正体を秘密にしていた理由を打ち明けます。

“マスクをしていると自分が別人になりそうだったから”

ロビンはレイチェルにできれば暴力的な自分の姿を見せたくなかったんでしょうね。

ディックはタイタンズチームのみんなに「黒幕を突き止めに行ってくる」とその場を後にします。

2代目ロビン登場

イリノイ州シカゴのドクターアダムソンのペントハウス

防犯カメラ映像でディックに自分の正体が見破られてしまった事に気づいたドクターアダムソン。

部屋の中の小型装置のスイッチを押すと、

遠く離れたモーテルの一室に拘束されているファミリー全員の頭の一部が内部から赤く点灯し始めます。

数秒後何と一家全員の頭が吹き飛んでしまいます!

まさか爆弾が埋め込まれていたとは思いませんでしたね。

部屋にやってきたディックに対してドクターアダムソンは“やあグレイソン刑事”と何事も無かったように挨拶します。

しかしこの時すでに死を覚悟していて数分後に組織お抱えの殺し屋部隊がディックたちを殺しにやってきます。

ドクターアダムソンはディックに“君に見つかってしまったから後1分で組織の人間が我々を殺しに来るぞ”と警告します。

時間が無いディックはドクターアダムソンに“レイチェルの父親のために動いているのか”と核心を突く質問をします。

ディックのその問いにドクターアダムソンは“そうとも言える”と曖昧な答えで返します。

どうやら真実はすぐ近くのようです。

その時、階段の上から続々と特殊部隊員が降りてきてディックたちに発砲してきます。

ロビンに変身して闘いますが倒しても倒しても向かってくる敵にさすがのディックもリンチ状態になってしまいます。

ここで何と2代目ロビンが登場!

すげ~生のディックグレイソンだと初代ロビンのディックに会えた事にかなり興奮している様子。

「よろしく新しいロビンだ!」

とディックの加勢に入ります。

2代目ロビンが登場したということはディックがナイトウィングになる日も近いんですかね

まとめ

いや~Netflixタイタンズはどんどん面白くなっていきますね。

これはもうNetflixマーベルのデアデビルを早くも超えちゃった気がします。

シーズン2の制作も決定しているので、Netflixでもできるだけ早く配信するようにして欲しいですね。

それにしてもけっこう早く2代目ロビンが登場しましたね。

僕の予想では2代目ロビンはシーズン1のラストくらいで出てくるのかな~と思ってましたが、

でもこれでますますNetflixタイタンズのドラマが面白くなりそうな予感です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする