アンブレラアカデミー2話のあらすじ紹介&感想ネタバレ|ナンバーファイブを襲う謎の暗殺者が登場!

アンブレラアカデミー2話では養父のハーグリーブスの死因が病気じゃなかったことが明らかになります。

そしてナンバーファイブの傲慢な性格が30年以上もの間、未来の世界に閉じ込められてしまったそもそもの原因だった事が分かります。

あとタイムトラベルの力を持つナンバーファイブを殺そうとする組織に雇われた暗殺者のヘイゼルとチャチャが新たに登場します。

このヘイゼルとチャチャの行き当たりばったりの行動にはイライラさせられましたね。

関係無い人を平気で巻き込んで犠牲にする姿はとてもプロには見えず、性格もサイテーの奴らなので、アンブレラアカデミーにさっさと倒されていなくなったほしいですね。

今回はアンブレラアカデミー第2話のあらすじ紹介や見どころ感想を書いていこうと思います。

「アンブレラアカデミー」第2話のあらすじ

2話の冒頭ではアンブレラアカデミーの子供時代のナンバーファイブのあるエピソードが描かれます。

■ 養父のハーグリーブスはファイブにタイムトラベルはまだ早いと能力を使う事を禁じていましたが、ファイブは自分にできないはずが無いと養父の言いつけを破り時間旅行の能力を使ってしまいます。

それで何度かタイムトラベルしているうちに終末の日へとジャンプしてしまいそこから戻ることができなくなってしまいます。

■ やっとの事で元の時代へと戻ってきたナンバーファイブはヴァーニャに未来での出来事を説明しますが、凡人のヴァーニャにはファイブの話がちんぷんかんぷんで何が何だか理解できません。

それをみて理解してもらうのを諦めたファイブはヴァーニャの家を出て手掛かりを追います。

■ 手掛かりとはファイブが未来で見つけたルーサーの手の中にあった何者かの義眼。

その義眼に刻印されていたメリテックという会社に向かいます。

メリテックでファイブは患者情報を教えるように担当者に詰め寄りますが、個人情報だから無理だと門前払いされてしまいます。

■ そこでナンバーファイブは次の手を考えます。

ファイブはナンバー4のクラウスを自分の父親として同伴させ、どうにかして義眼の所有者の情報をメリテックから引き出そうとします。

■ 一方のルーサーはディエゴの現在の状況を探るためあるボクシングジムを尋ねます。

そこでジムのトレーナーからの話でディエゴがボイラー室で寝泊まりしている事を知ります。

そしてボイラー室で“ある証拠”を見つけます。

■ ディエゴが帰ってくるとルーサーは養父の件について切り出します。

ルーサーはてっきり弟のディエゴが養父のハーグリーブスを殺害したと疑ってましたが、ボクシングジムのボイラー室でディエゴが養父の殺害当日は試合の予定が入ってきたことが分かりアリバイが立証されます。

“なんで俺にそのことを言わなかったんだ”というルーサーに“兄貴にも他の兄弟にも言い訳する必要はない”とディエゴは答えます。

■ たしかにその通りだなと納得したルーサーはディエゴに謝りますが、ディエゴは冷めた態度で“話がすんだら出ていってくれ”とルーサーを部屋から追い出します。

最後にアリソンが養父が殺された証拠を屋敷の監視カメラ映像の中から発見。

急いでその事実をナンバー1のルーサーに伝えます。

■ 未来の終末の日の回想シーンに戻り、ファイブが崩壊したアンブレラアカデミーの屋敷でガレキに埋もれたルーサーやディエゴの姿を発見する姿が描かれます。

果たして何が起こってアンブレラアカデミーのメンバーが全員やられてしまったのか?

そしてあの義眼は何を意味するのか?

3話ではどんな事実が明らかになるのか楽しみです。

「アンブレラアカデミー」第2話の感想

アンブレラアカデミー2話はちょっと話の展開がダラダラしている感じがして、中盤はちょっと退屈してしまいました。

でも2話の終盤あたりから面白くなってきて、ナンバーファイブが殺し屋カップルのヘイゼルとチャチャにサブマシンガンで銃撃されるシーンなんかは中々迫力がありました。

■ ファイブが空間を次々にジャンプしながら銃弾を避けるVFX映像はドラマとは思えないクオリティで見応えがありました。

あとアンブレラアカデミーの養父であるハーグリーブスがルーサーの読み通り誰かに殺されたことがハッキリしたので、次回からはもう少し話が展開していくと期待したいですね。

■ それにしてもナンバーファイブの傲慢キャラを演じているエイダン・ギャラガ―はいい味出してますよね(笑)

それとは反対にヴァーニャ役のエレン・ペイジはちょっと期待外れでしたね

■ エレン・ペイジは今までエックスメンのような超大作映画に出演していたので、もっと重要な役どころなのかと思ってたんですけど、アンブレラアカデミーでは無能力者で裏切り者というあまりパッとしない役どころだったのでちょっとガッカリでしたね。

ヴァーニャが無能力者という事を考えると今後、アンブレラアカデミーで活躍する機会もそれほどなさそうなので、これからどういう立ちまわりをしていくのかに期待ですかね。。

■ アリソンのヴァーニャに対する辛辣な態度にはちょっと驚きましたね。

たしかに元夫と親権を争う裁判が不利な状況でアリソンはストレスが溜まっていたのかもしれませんが、それにしたって酷い言葉を連発し過ぎですよね。

親権や元夫の事をヴァーニャに話題にされてよっぽど触れられたくなかったのか彼女に対して“今まで本気で恋愛した経験もないくせに”とか“子供がいないあんたに何が分かるの”とかグサグサくる言葉を並べたてます。、

■ ヴァーニャはあくまでもアリソンの事を心配してただ慰めようとしただけなのであそこまでキレる必要はなかったんじゃないのかなと思います。

よっぽどアリソンは愛する娘の親権を元夫のパトリックに奪われて情緒不安定になっていたんでしょうね。

■ アンブレラアカデミー1話の13年ぶりに再会したシーンではアリソンはとても優しいお姉さんという印象だったので、ヴァーニャに対するあの態度にはビックリでした。

今まで誰も本気で愛した事が無いのに私の気持ちが分かるわけないと面と向かって言われたヴァーニャは相当ショックだったでしょうね。

■ ヴァーニャに全く非が無いのかというとそういうわけではなく、彼女も彼女で兄弟同然のアリソンやルーサーたちのことを本にして世間に公表したという経緯があります。

それもあってアリソンはついそれまで我慢して言えなかった本心が出てしまったんだと思います。

今まで他の兄妹たちがヴァーニャの事を酷くいったも庇っていましたが、やっぱりアリソンも本音では妹の事を恨んでいたようです。

まとめ

世界の滅亡まであと7日しか残されてませんが、ルーサーやナンバーファイブは世界の破滅を阻止できるんですかね

今のままでは到底無理に見えます。

というかアンブレラアカデミーはみんな身勝手で非協力的すぎて話になりません(笑)

とくにクラウスはただの薬中で足を引っ張ることしかできないので、まったく頼りになりません。

唯一の希望はファイブが未来から持ち帰った義眼ですが、その義眼にしても現在ではまだメーカーで製造すらされていないので誰のものなのか特定するのはほぼ不可能です。

後はアリソンが見つけた監視カメラ映像の手掛かりに期待するしかなさそうですね。

次回の「アンブレラアカデミー」3話ではもう少しはっきりした解決策が出てくると期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする