絶対零度 北大路欣也が井沢に揺さぶりをかけた意図は?桜木(上戸彩)がついに動く!

絶対零度 8話の北大路欣也さんの登場にはテンションあがりましたね。

絶対零度のドラマで北大路欣也さんがいないなんて考えられません!

これまでの未解決事件特命捜査と特殊犯罪潜入捜査では北大路欣也さんは捜査チームの大黒柱的な存在でした。

シーズン3の未然犯罪潜入捜査ではメインキャストじゃないのは残念でしたが、8話目で登場してくれたので良しとします。

やっぱり北大路欣也さんの存在感はハンパないっすねw

北大路欣也さんがこのタイミングで出てきたということはは1話っきりの出演で終わりって事はないと思います。

最終話まで北大路欣也さんは物語のキーパーソンになる予感がします。

そして来週放送の絶対零度 9話ではやっと上戸彩(桜木)が本編に登場します。

桜木(上戸彩)が生きていてホッとしました。

絶対零度 8話目の最後では何やら北大路欣也さんがコソコソと電話をかけるシーンがあるのですが、

その電話の相手こそ失踪して行方不明になっていた桜木泉だったのです。

絶対零度で久しぶりに北大路欣也がカメと電話越し桜木(上戸彩)の事を呼ぶ声を聞いて、懐かしい気持ちが溢れてきました。

それにしても上戸彩はなぜミハンの存在に気づいていたのか?

そして北大路欣也にミハンを探らせて何をしようとしているのか?

物語も終盤にさしかかり謎は深まるばかりです。

姿をくらませていた桜木が動き出したということは何か重要な情報を掴んだのかもしれませんね。

それはおそらく井沢の妻と娘の殺害事件に関する新情報だと考えられます。

桜木(上戸彩)のメモに書かれていた井沢の自宅の電話番号。

それは桜木が井沢の事件を調べていたということなので、井沢にとって不利になる証拠である可能性も十分にあります。

だから井沢がリーダーを務めるミハンの内情を知っている事を北大路欣也が井沢に直接会うことで伝えたんだと思います。

桜木は井沢に揺さぶりをかけて、新しく掴んだ証拠が正しいのか判断しようとしているのかもしれません。

あの最後の不気味な井沢(沢村一樹)の表情を見るとやっぱり全くのシロというわけではない気がします。

何か犯罪に近いグレーな匂いが井沢(沢村一樹)からは漂っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする