絶対零度 宇佐美は井沢の家族を殺した本当の犯人じゃない?黒幕の正体を予想!

絶対零度 7話の放送では宇佐美がついに出所し、井沢の過去の家族殺害事件の謎や桜木の失踪事件に関する新たな手掛かりが出てきてますます面白くなりそうな予感がしますね。

それにしてもなんで桜木のメモに井沢の家の電話番号や事件の詳細について書かれていのか謎が深まりますね。

桜木の残されたメモを基に井沢は家族が殺された事件の黒幕が宇佐美の他に別にいると予想します。

そしてその組織は公安時代に自分が壊滅に追い込んだ組織かもしれないと・・・

妻の元同僚の赤川武士なる人物が井沢の自宅に電話した翌日にベトナムで殺され、
そのすぐ後に井沢の妻と娘が殺されていることからも井沢の妻が何かの事件に巻き込まれたのは間違いありません。

井沢の家族を殺害した実行犯は宇佐美ですが、裏に暗躍する謎の組織の正体が気になりますね。

井沢が山内に言っていたように井沢の過去の事件が桜木の失踪事件とも関連しているのなら、宇佐美を雇った組織はベトナムなどの海外にも活動の拠点を広げている国際的な犯罪組織なのかもしれません。

宇佐美は調布刑務所を出所した所に会いに来た井沢に“誰に雇われたんだ?”と聞かれてかなり動揺します。

その様子を見ると宇佐美は井沢が本当の犯人の存在に気づいていないと思ってたようですね。

元公安のエリート刑事だった井沢を甘く見過ぎですね。

家族が犯罪に巻き込まれたとなれば、公安時代に挙げた犯罪組織の中に疑いの目を向けるのは当たり前ですよね。

公安の刑事とは常に犯罪組織から恨みを買う仕事なので、当然報復されるリスクも承知しているはずです。

井沢は無鉄砲に見えて実は常に冷静に物事を判断しているように思います。

それは過去の回想シーンで井沢が宇佐美をビルの屋上で取り押さえて、激昂しながら宇佐美の額に拳銃を押し当てながらも引き金を引かなかった事からも分かります。

警察の上層部は井沢の事を危険人物と見ているようですが、ミハンの情報を利用して犯罪者を裏で裁いていた真犯人も田村さんでしたからね。

ミハンのチームの仲間ですら最初は井沢の事を疑っていたましたからね。

普段のふざけたおちゃらけた感じと犯人を前にした時の怒りの感情を爆発させるギャップが誤解を生むんだと思います。

井沢という人物は常人の物差しでは計り知れないサイコパス的な一面があるのかもしれません。

それが彼の本当の姿を見せなくする一因になっているように感じます。

桜木泉が発見されれば組織に関する詳しい情報が明らかになると思いますが、いつ本編に登場するんですかね?

7話の次回予告動画で大路欣也が登場したので、桜木泉の登場ももうすぐかもしれません。

それにしても特命捜査対策室の室長である長嶋秀夫の第8話の登場は嬉しいサプライズですからね。

まさか室長の北大路欣也が絶対零度~未然犯罪潜入捜査~に登場するとは思いませんでした。

相変わらずの風格でモミアゲの白髪が渋いですね。

絶対零度のドラマではシーズン2まで主要キャストだったので、今後8話以降で何らかの形でレギュラー出演して欲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする